武田徹オンライン日記から〜写真家中平卓馬の「すごさ」と「つらさ」

rosa412004-04-08

 先日、NHKでやっていた写真家・中平卓馬さんのドキュメンタリーを、ぼくも観た。
 4月7日の日記で武田さんはこう書いた。
http://162.teacup.com/sinopy/bbs

//////////////////////////////////////

しかし、改めて中平のすごさとつらさを思う。中平は写真家としてはコトバが有りすぎた。『プロローグ』創刊号のポスターに「写真は思想のための挑発的資源である」という名コピーを寄せたのもおそらく中平だろう。しかし中平自身はコトバが邪魔だった。だからコトバ無しに世界と対峙できる東松照明に、そしてなにより同世代の森山大道に嫉妬した。「来るべき言葉のために」と写真集にしゃれたタイトルをつけ、「世界は手によって操られる。それをきっぱりと断ち切るところに私の植物図鑑は成立する」と『なぜ、植物図鑑か』の中で書いた中平は、手=ことばを断ち切ろうともがくが、その挑戦は皮肉な成功を遂げる。泥酔によって脳に障害を発生させ、記憶が断ち切られることで、彼のコトバもまた失われたのだ。

//////////////////////////////////////

 たしかに数奇な人生だなぁ、ぼくもあのテレビを観ながらそう思った。でも同時に幸福な人だよ、やっぱりとも考え直した。だってまた、好きな写真に戻っていけたんだから。赤いCAPを後ろ向きにかぶって、カメラを構える彼の顔が子供のそれみたいだったし。
 そこまで好きなものにめぐり会える人は、世の中ではごくごく限られているから。大半の人はそういうものが見つからず、ブランド品や旅行や子供のお受験やコレクションで代替させている。そう考えると多くの人たちが、自分を心地よくたぶらかしてくれるものを無意識に求めているんだよなぁ。生涯いじり飽きない自分だけのオモチャを。
 悔しいけれど、ぼくにとって文章は、中平さんの写真レベルには到底ない。だからこそ、彼が幸せそうに見えたのかもな。
 今日は疲れたので、中平さんの説明は省略。関心がある人はネット検索して。以下の本とか。
 中平卓馬の本)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-keywords=%E4%B8%AD%E5%B9%B3%E5%8D%93%E9%A6%AC&bq=1/ref=sr_aps_all_b/249-6538814-8272313