W杯サッカー日本対北朝鮮戦〜最後は大阪人になってしまうオレ

rosa412005-02-09

 ええ、今日は冷静に試合に入ろうと心がけました。だから試合の前半は、原稿を仕上げるのに集中して、テレビは一切観ませんでした。途中、ネットでチェックしたら、前半30分過ぎに1−0で日本リードだったじゃないですか。これは後半から冷静に観れるなと、理想的な展開だなと実は割と余裕あったんですよ。
 でも後半から夕食をとりながら観ていたら、なんか日本チームの流れが悪かったじゃないですか。でも今日は、最初静かに観てましたよ。そりゃそうですよ。もういい歳なんですから、サッカーごときで大声出してる場合じゃないでしょう。
 でも北朝鮮が一方的にボールをキープするようになって、だんだんイライラが募っていきましたね。そう、ふと気がついたら、
「福西のボケ!」
「サントスのハゲ!はよ蹴れ」
 ええ、とうとう下品な大阪人が、ぼくの殻を破って出てきてましたね。そう、もう一度殻が破れちゃうとダメなんです。まるで収拾つきませんね、やっぱり今年も。
 同点にされてからなんて、そりゃもうヒートアップしましたよ。
「高原のハゲ、今のシュートはジャンピング・ニー(プロレス技の一種)か?あのボケ!」
「残り時間ないのにバックパスなんかすんな、中沢のカス!」
 プロレス、K−1系とかサッカーは、どうしても最後はこうなっちゃうんですよね。ええ、だいたいよく使うのは「ハゲ」「ボケ」「カス」の3つですね。ボキャ貧なんです、オレ。
 うちの奥さんなんて、オレがそうなるのを百も承知ですから、夕食前に、試合が終わってから食べたら?とかいうんですよねぇ。
 でも今日は大丈夫、冷静に静かに観るからとか、つい、オレもいっちゃうんですよね、強がってね。そんでもって最終的には、去年とおんなじ、ただの下品な大阪人でしょう。ほんと参っちゃいますよね。
 だって母方の祖父は、昔、アントニオ猪木がタイガージェット・シンに反則攻撃で額を割られて流血したときに、怒りを抑えきれずに、テレビにむかって陶器のデカイ灰皿投げつけて、ブラウン管割っちゃったって話ですからね。これって、血ですかねぇ?
 でも思うんですけど、サッカーって冷静に観てて楽しいんかなぁ。やっぱ、ワイワイいいながらね、観た方が、なんか熱くなれるやんかぁ。なあ?