2010年元旦

心刀彫身


 元旦の朝。ウォーキングと体操を終えて帰宅後、大晦日にようやく刷りあがった年賀状に一筆そえていく。ラジオもテレビもつけず、しんと静まり返った空気を大切に、ひとりひとりの顔を思い浮かべながら年賀状と向き合うのは思いの外、心地よかった。


 ネット上の情報の大半はタダだけれど、それにアクセスしている時間は有限。あふれる情報をどれだけ遠ざけて、こういう濃密な時間を今年はどれだけ増やせるのか。
 「心刀彫身」は、京都の造形作家で故・河井寛次郎の造語。


火の誓い (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

火の誓い (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)